斉藤慶太のチャネリングサイン会での驚きと発見!

斉藤慶太のチャネリングサイン会での驚きと発見!

2015年1月25日港の見える丘公園にある神奈川県立神奈川近代文学館の 2階 会議室でキネシオロジストの斉藤慶太氏によるチャネリングサイン会が行われたので参加してきました。

サインは斉藤慶太氏の著作による1から始めるキネシオロジーの 表紙の裏の 見開き白紙のページに描かれました。

描かれた内容はまさに自分がいま取り組んでいることだったので、本当に驚いてしまいましました。

チャネリングサイン会とは

チャネリングとは 高次の霊的存在からの情報を伝達してもらう手段のことで、斉藤慶太さんはハイアーセルフから答えを得ているそうです。

慶太さんは依頼者の右手の手首を左手で覆うように軽く握った状態で筋肉反射テストをしてくれます。

慶太さんはハイアーセルフから情報を得ているそうですが、依頼者の筋肉反射テストにより依頼者の潜在意識ともコンタクトしています。

これは私の想像なのですが、斎藤慶太さんのチャネリングサイン会とは、慶太さんの潜在意識と依頼者の潜在意識の共通の情報の源、つまり集合的無意識を通して依頼者の必要な情報を得ているのではないかなと思いました。

私に必要なメッセージ

さて、 私は自分自身の問題として自尊心が低いことがあります。自尊心が低いために様々な弊害が私の前に現実としてあらわれてきます。その現実から自分を愛することが必要だと感じて、自分なりのワークをしているのですが、慶太さんのチャネリングによりそのことを見事に言い当てられてしましました。

慶太さんがペンの太さや色をチャネリングにより選択し描き始めたのですが、私にはすぐにその絵が何を意味しているのかが分かりました。

その時に描かれたメッセージがこちらです。

チャネリングサイン会でもらったメッセージ
チャネリングサイン会でもらったメッセージ

こちらに書かれているメッセージが私がいま必要としているものを表しているのです。

まず、たいていの色紙には「〇〇さんへ」と、依頼者の名前を書き込んでくれるものですが、慶太さんはしばらくうなった後、私の名前が書けないと言いました。

そしてそのことをそのままメッセージとして名前が書けない理由を書いてくれたのでした。それは。

私が私自身を愛していない

なぜ私の名前を書くことができなかったのかというと、私の自尊心の低さが私自身の軸をぶらし、私が何者なのかが明らかにされなかったのではないかと考えられます。

行先は宇宙

意味不明だと思われましたか?

実は私には大いに心当たりがあったんです。

私は小学生のころ毎夜のように宇宙人とコンタクトを試みていた時期がありました。

何をしていたのかというと、なぜそう思うようになったのかは忘れてしまったのですが、私はこのままでは環境問題と戦争で地球が滅んでしまうと真剣に考えていて、人間には解決策がないので宇宙人に解決してもらうしかないと思っていたのでした。

ですから、夜空が見えるようにベッドを配置して夜空を見上げて「ベント~ベントラ~」と、UFOを呼んでいたのですが、私の前に宇宙人が現れることはありませんでした。

いつしか宇宙人を呼ぶのをあきらめてしまい、これまでUFOや宇宙人を目撃したことはありません。

しかし、わたしに必要だったことは宇宙人に地球を助けてもらうことではなく、私自身を助けてもらうことだったのだということがわかりました。

自分自身を愛するために私は改めて私のしたいように生きることを強く思いに刻みました。

ありがとう斎藤慶太。

動画情報

斎藤慶太さんが、当日の様子をYoutuneにアップしました!

参加者はたしか22名だったのですが、この動画で名前を公表できない人を除いてほぼすべてのメッセージを書く様子観られます。

チャネリングサイン会の様子を動画でアップするのは初めてだったようなので、まだ体験したことがない人や興味がある人は必見ですよ。

サイン後の慶太さんは相当パワーを使ったようでしばらく放心状態でしたが、さすがパワフルな慶太さん。

港の見える丘公園から中華街へ

チャネリングサイン会の後は中華街に移動し中華料理で懇親会を楽しませてもらいました。

その時の夜景が素晴らしくきれいでしたがスマホの写真で伝わるかな。

港の見える丘公園からの夜景

ここから多くの少女たちが外国へ・・・つらい過去です

初めて夜の中華街を訪れました。

夜の横浜中華街は初めてでした。

懇親会は本場の四川料理がいただける元町にある景徳鎮でした。

景徳鎮で慶太さんがおススメのメニューは青島ビール(チンタオビール)と激辛マーボー豆腐でした。

青島ビールは初めていただきましたが、そのあとに食べた激辛マーボー豆腐のおかげですべての味覚の記憶がなくなってしまい思い出せません。

激辛マーボー豆腐は山椒の辛さが独特ですべての味覚を破壊するほどの強烈な辛さでした。

山椒の辛さを「麻」と中国では言うのだそうですが、マーボー豆腐を漢字で書くと麻婆豆腐なので、山椒で辛いのは本場のお味ということなのでしょうか。何事も経験することが大切ですね。

ところで、中華街に占いのお店がたくさんあったことに気が付いたのは、自分がタロット占いと占星術をを趣味でやっているからでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

+ 37 = 38